敏感肌の主な原因や改善方法

せっかくのケアが敏感肌の原因に

敏感肌となってしまう原因としては、日頃のケアの方法が良くないことが挙げられます。過剰な洗顔や美白ケアの強い刺激によって、肌が保湿するために必要な皮脂までも落としてしまうことがあります。お肌を保護してくれる皮脂が無いために敏感肌を招いてしまうのです。

アレルギーであること

アレルギーを持っている場合、敏感肌でもあることが多いです。お肌を保護している成分にセラミドがありますが、栄養が足りず上手く生成されないことがあります。すると、外部の刺激によりアレルギーを発生させる場合があるのです。しかし、栄養をきちんと補うことによって、お肌の状態を改善させることができます。

タンパク質を摂る

お肌に良いとされている食べ物は、タンパク質を含む食べ物となります。タンパク質はお肌を生成する元となる栄養だからです。さらにタンパク質には植物性、動物性がありますが、動物性タンパク質の方が、より多くの栄養を摂ることができます。

お肌の保護機能を高める食事

皮膚の元となるタンパク質をとりつつ、肌の生成を促進してくれるビタミンAやビタミンCも一緒に摂ると効果的でしょう。主食も玄米や雑穀といった栄養価の高いものを選ぶと、お肌の機能に良いとされる栄養を摂ることができます。

便秘の改善

なぜ便秘が敏感肌と結びついているのかというと、腸内環境のバランスの乱れから、お肌に大切なビタミンBの生成が妨害されてしまうためです。便秘の改善のみならず、日頃の生活習慣全体を見直すことが、お肌のトラブルの解決策となるでしょう。

広告募集中