敏感肌にはメイク方法にも気を使おう

お肌を美白にみせるにはメイクが一番手っ取り早いでしょう。敏感肌の場合には、そのメイクにも気を使う必要があります。メイクの方法も見直して、きれいなお肌を手に入れましょう。

敏感肌のためのメイク方法

メイク前の正しいケア

メイクを行う前に、肌の汚れを落としておくことが必要です。皮膚の表面の酸化した皮脂が肌に悪影響を及ぼしたリ、化粧が崩れたりする原因となります。洗顔の際には水の温度が高すぎると乾燥してしまうので、注意しましょう。濡れたお肌をタオルで強くこすることもやめた方がいいです。

化粧下地の使い方

敏感肌に対するメイクでは、刺激を与えないことが重要です。下地は顔全体に薄くのばす必要がありますが、強くこすることは禁物です。また、化粧下地は保湿効果があるものもありますが、つけすぎると角質に悪い影響がでることがあります。適量を使用するようにしましょう。

ファンデーションの使い方

ファンデーションで使用するスポンジやブラシは、触り心地を確かめて使用しましょう。ブラシの毛が硬いものは肌にとって刺激が強いものとなってしまいます。ファンデーションは、トントンと肌に優しくのせるイメージで全体に塗布していきましょう。

広告募集中